ぷっく姫の韓国語楽園市場(ナグォンシジャン)

韓国語は私にとって無限の楽園。市場のようにたくさんの出会いや魅力に溢れています。もっともっと深く知りたくて、韓国語を続けます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『第4回 ぷち合宿 in ミレ』レポ~2日目~

moblog_c8380304.jpg
前日、ラジオドラマの練習よりも休養を優先したので朝に台本チェックしながら支度、そしてホテルでの朝食。
バイキングとかではなく「無料朝食」と銘打ってるだけあって豪華ではないけど、腹を膨らませるには十分。

余裕持って会場に着くと、まだ部屋が空いてなくて何人か廊下で待機。
暑い中ですが、さっそく韓国語会話。

まずはガイド体験。
前日に自分が行きたいスポットを決めてましたが、大阪のことはまったくわからないので空いているところを適当に決めました。
ガイドでよく使う単語を学び、いざ外出。
私は大阪駅周辺でしたが、本当に広いんだねぇ。何回か来てるけど気付かなかった。
今住んでるのは地方都市で田舎ってほどではないけど、やっぱり都会いいなぁ。
ネットやスマホの復旧で地方にいても世界中の人と繋がりやすくなったのは大きなメリットだけど、やっぱり超えがたい格差はあるよなぁ。

ご飯食べる時間が足りず、百貨店でお弁当購入。
moblog_96dc29d7.jpg
やっぱり韓国料理にしちゃうね。

発表したり発表聞いたりして大阪のことを色々知ることができました。
最後はラジオドラマ発表会。
これもいろんなストーリーがあって楽しかった。
一晩でこれだけのものを完成させられる生徒さん達、やっぱりすごい。
そしてもちろんミレの先生、スタッフの方のバックアップあってこそです。

最後は詩の群読。
群読、前田先生のブログや動画で見てたけどもちろん初体験。
普通に家でひとりで読むのとは違うプラスアルファがありますね。

最後にひとりひとり感想を言い合って、ビスケットもらって解散。
来年も絶対参加したい。
韓国語勉強することが、語学の実力つけることだけじゃなくてこんなにも人との出会いを広げてくれるものになるなんて素敵だー。

解散後、一緒にガイド体験した大阪在住の親切な方に大阪駅の構造やバス乗り場まで教えてもらいました。
そしてその方ともお別れし、再びひとりに。
時間はまだ17時過ぎ、そして夜行バスは21:30発。
バス乗り遅れたら大惨事、とはいえ時間はたっぷり。
探検したり立ち読みしたりして時間つぶす。
夕食もあまり早く食べるとお腹すくし、かといって休日の大阪は人がいっぱいで食堂もいい時間になると混みそう。
(実際、昼食も混雑していたためにお店で食べられなかった)
19時過ぎ、昼から目をつけていた韓国料理屋ビビムへ。
カウンターもあったし、最後まで韓国料理食べたかった。
石焼ビビンバが1050円と目の飛び出るような値段だったけど、最後の贅沢。


moblog_eea21107.jpg
2種類のコチュジャン。辛くないコチュジャン(って、それもうコチュジャンじゃなくてジャンだと思うけど)って珍しい。


moblog_28cc347b.jpg
カウンターから見えるオープンキッチン。


moblog_de996a29.jpg
たまご崩しちゃったけど・・・

時間に余裕があったし、ひとりなので食べるのが遅くても大丈夫。
このビビンバ、高かったけどめっちゃ美味しかった~。高かったけど。
合宿以後、新潟に戻って来てから石焼ビビンバとスンドゥブが食べたくてたまらない。
韓国料理は飽きないな~。

その後ものんびり大阪駅で時間をつぶし、余裕持ってバス乗り場に到着し一安心。
建物の中を通ってきたためか、行きよりも早く着いた感じ。
乗り場は発車時刻の10分前に決まるとかで、おじいさんがマイク持って案内してました。
別の方が聞きに行ってた時は、おじいさんはその説明したうえで「それで私の仕事があるんですよ」って笑いながら行ってた。
都会だ~。

バスは時間通りに出発。
また寝たり寝なかったりしながら無事新潟に着き、急いで家に帰りシャワー浴びてそのまま仕事に行きました。
夜行バス、思ったより疲れなかったけど、足がむくみまくったのは予想外だったな。
車中は靴を脱いでるけど、朝になって靴を履いたら入らなくてショック。
なんかそのむくみはまだ残っているような・・・ガクガクブルグル。

それにしても充実した2日間でした。
こんな機会は自分で作ろうと思って作れるものじゃないので、ミレ韓国語学院の方、そして参加者の方に感謝感謝です。
あれからずっと、いつも以上に韓国語が頭の中や口の中にある感じ。
韓国語をやめないといいことがいっぱいありそうです♪
スポンサーサイト

『第4回 ぷち合宿 in ミレ』レポ~1日目~

10時開始!
解説も自己紹介ももちろんすべて韓国語。
자기소개(自己紹介)って単語、留学時代を彷彿とさせて懐かしい。
普段は生の韓国語に接する機会が全然ないし、話して通じて聞き取れて、本気で天国。

まずはラジオドラマの台本が配られ、配役を決める。
『KBS韓国語ラジオドラマ 愛情編』 を使用するというのは事前に知ってたので、合宿前に本屋でちらっと立ち読みしてました。
その時に買おうかと思ったけど、韓国語だけ読んでもある程度意味は分かるようだし、ぶっつけ本番でもなんとかなるかなと購入断念。
台本は日本語訳も載ってたので安心でした。

会社では韓国語を勉強していると言うと「あの文字読めるの?書けるの?すごいね~~~」というところから始まるので壮大な勘違いをしてしまいやすいけど、ここでは文字が読めるのなんて前提中の前提。
心地いい。そして楽しい。

その後は中級・上級にわかれて授業。
申し込む際に中級か上級かは自己申告で、少し迷ったけどレベル高いところで勉強したいなと思って上級選択。
中級の授業内容は聞いてないけど、上級はKBSニュースの聞き取りだったのでやっぱりこっちにしてよかった。
実際の実力は上級なんてとてもとても言えないけど。
ちなみに、中級と上級でメニューが違うのはここだけで、他は全部一緒の内容でした。
ラジオドラマなども中級・上級がバランスよく組み込まれてたな。

そのニュース、もう衝撃的なほど聞き取れない。主題が何かすら掴めない。
スピーカーの雑音のせいにしたいけど多分違う・・・
最後に配られたスクリプト見たらわりと分かったのでさらに衝撃。
会話もドラマも歌もそこそこ聞き取れるようになってる今、これ系の勉強をもっとする必要があるなぁと痛感。

この後は昼食。
ラジオドラマグループの中で上級クラスに参加していた方と3人で食べました。
新潟からずっとぼっち旅行だったので、お仲間ができて感激。
大阪在住でミレ会員の方がいらっしゃり、その方が行きつけの韓国料理屋さんに連れて行っていただきました。
夜は合宿生徒の方々と別の韓国料理屋さんで食事会が決まっていたので、2食連続で韓国料理でも大丈夫か聞いてくださいましたがもちろん大丈夫です!むしろ大歓迎です!!

先生の目がなくてももちろんずっーと韓国語で会話。
楽しすぎる。
韓国語あるあると語り合って共感得られるってなんて幸せなんだろう。
何度も言うけど夢のようだわ。
店員さんも韓国人の方。
お2人や店員さんに発音を褒められ度胆を抜かれたぜ。
私、日本語でも滑舌が悪いからまさかそんなことはないと思うのだが・・・
韓国女優みたいに声のトーンを低めにする、言葉に詰まった時に「え~っと」「あのー」ではなく「어~」っていうとか裏ワザ(?)を使っているからではないかと・・・
moblog_a558270c.jpg

食べ放題のパンチャン。
特にきゅうりとセロリのキムチがおいしかったな~。

moblog_afb6ee66.jpg
色々食べたいメニューはあったけど、こちらにしました水冷麺♪

moblog_d29dd0d0.jpg
このお店通いたい、大阪に住みたい。

午後は会話授業。
午前中とは違うメンバーで、ネイティブの方ひとりと生徒さん少人数でフリートーク。
若いのにペラペラで素晴らしかったな。
私はきっと文法めちゃくちゃだったと思う・・・これもきちんと染みこませないと。
合宿通して、自分のできないところ、あとはできるところも身を持って実感しました。これ大収穫。

次は恐怖の韓国語の歌コーナー。
なぜ恐怖かというと、私は音痴。
楽譜配られたところで音符も読めない。
ソプラノパートとかアルトパートとかも、音が違うのは分かってもその通りに歌うなんて無理ぽ。
人様の迷惑にならない程度の声量で歌い、他の方の歌の上手さに聞き惚れ、前田先生のバイオリンに心の中で拍手。
小さい頃にピアノ習いたかった・・・恨むぜ・・・

次は韓国語でヨガ。
ヨガといってもアクロバティックなポーズはせず、ストレッチに近いポーズだったかな。
しかも運動も音痴な私が珍しく得意な背中で手を繋ぐポーズや木のポーズ。
ふふ、歌とはうってかわって元気になったぜ。
いや、主題は韓国語だからヨガが上手でも意味はないんだけども。

その後はラジオドラマの練習。
量が多くないから時間余るんじゃないかなと思ったけどそんなこともなく、だんだん感情ものせられるようになってきて仲良くなれて楽しい~。
大人になってこんな機会ってなかなかないからね。

最後は同じビル内にある韓国料理屋さんで食事会!!
席はくじ引き。
いろんな方と仲良くなれるようにメンバーがシャッフルされてていいなぁ。

初日の感想を順番に発表しながらの食事。
moblog_9fc212a0.jpg
今回、合宿中にはブログを書く気はあまりなかった(楽しすぎたので書くことにした)ので写真は斜めになってたりブレてたりひどいです・・・
飼い主に送るために撮ったので。
キムチとナムルだけでテンションあがる。

moblog_6813fa77.jpg
キムパプ。

moblog_fc89481d.jpg
本格的な味、トッポキ。
大好きな料理ばかり。当たり前か、韓国料理好きだから。


moblog_7d219bd9.jpg
普段新潟で韓国料理屋さんに行ってもお肉かピビンパプ、せいぜいスンドゥブを注文する機会が多いので日本でケランマリに出会えるとは!
ケランマリが共通言語として通じる仲間がいるのも嬉しすぎる。


moblog_8d690b27.jpg
スンドゥブ。
新潟に帰って来てからもとにかくスンドゥブが食べたい。


moblog_08ed8ecf.jpg
これはこのお店オリジナル?
오삼ナントカ(←忘れた)、오징어(イカ)と삼겹살(サムギョプサル)のコラボ。
全部美味しかった~。
そして韓国語を思いっきり話せて聞けて幸せすぎたー。

帰り際に、お店の方がチョコパイとノグリラーメンをひとつずつくださいました。わーい!
終わって解散し、私は最後のミッション・ホテルへ到着しなければなりません。
周りの大阪の方に聞いてもホテルの場所がわからなかったので、とりあえず地上に出てからグーグルマップ使えばなんとかなると思い駅方面へ適当に歩く。
しかし大都会大阪、たくさんの駅(7つ??)が地下で連結していて自分がどこにいるかわからない。
とりあえずどこでもいいから地上に出たいけど階段が見当たらない。
なんとか見つけ、グーグル先生に聞き、また明日朝に迷わないように入口や途中の道を覚えるように神経張り巡らせながら歩く。

無事ホテル東横インに着き、今日のミッションコンプリート!

moblog_edcc7c32.jpg
ひとりでホテルに泊まるなんて久々。最近は会社の研修も少なくなったからな~。
ベットが広くて明るくて快適。


moblog_fd03cab1.jpg
お風呂にさっさと入って明日に備えなきゃ。
当たり前だけど、タオルが一組分しかなくてひとり旅行を実感。

moblog_9a87050b.jpg
夜行バスでの強攻旅行のわりには疲れてなかったので、27時間テレビ見ようかと思ったけどここは明日夜もバスなので疲れをとるのを最優先にする。
アメニティでお風呂にいれるバブをもらったので、家に持ち帰ろうと思ったけど結局ここで使いました。
合宿参加費以外にも交通費や宿泊費がかかるのがネックの地方住みですが、これはこれで特別感を味わえていいかな。
続く。

※画像はクリックすると大きくなります

『第4回 ぷち合宿 in ミレ』レポ~前日から会場到着まで~

7/25(土)~26(日)、ミレ韓国語学院 前田真彦先生の『第4回 ぷち合宿 in ミレ』に参加してきました!
日本語禁止、韓国語オンリーの2日間。
授業はもちろん、生徒同士の会話もすべて韓国語。
なんて夢のよう!!!
去年も行きたかったけど、直前に韓国旅行があったのでお金使いすぎだなと思い諦めました。
今年は・・・前の週に台湾旅行しているから去年以上にアカン金銭事情だけど、どうしても行きたくて行きたくて申し込みしました。
合宿のために髪を切ったり、可愛い名刺を作ったり、浮かれて準備しまくり。

他の方の合宿レポブログも前田先生のツイッター通していくつか拝見しましたが、みんな文章上手だしすっきりしている。
でも私にとって合宿は旅行でもあり冒険だったので、合宿とは関係ないところもブログに残しておきたい。
数か月に一回しか更新できないブログ、読んでいただける方がいるのかすらわかりませんが、合宿の様子知りたい方はこの記事スルーしてください(汗)

大阪で行われる合宿、地方住みにとっては前日から合宿旅行はスタートします。
当日の自己紹介では、自宅から電車で数十分程度の方もいらっしゃって羨ましい限りでした。

新潟から大阪までは飛行機もあるけど、今回は夜行バスで出発。
交通費も半額くらいだし前泊の必要なくなるからずいぶん節約になるし、何より仕事を休む必要がない。
有休とれないブラックな会社ではないのですが、7・8月は夏休み期間なので人も少ないし、それ以前に前の週に夏休み取得し台湾旅行に行ってきたばかりなのでさすがに次の週の金曜日休むのは気が引ける。

その代わり身体的にはかなりヤバいスケジュールで、金曜夜に出発し、土曜の朝に到着しそのまま合宿参加、その日はホテル、次の日も授業受けて日曜夜の夜行バスで新潟に戻り月曜朝に着いてそのまま仕事に行く。
アラサーがやっていいことじゃないです。
でもやります。

私はお金かかるくらいのリスク(もちろんそれも大きいけど)で、飼い主(旦那)の理解もあって来やすい方だけど、参加者の方はみんな大人ですから、育児や介護の都合をつけるのも大変だった方もいらっしゃったと思います。

moblog_58d0b571.jpg
22:05発のバス。
バスチケット、発売当日に買いに行ったらすでに売り切れで、増便出るかもしれないから毎日チケットセンターに行くか電話するかしてくださいと言われ努力の末にやっと買えました。
結局3便も出ててびっくり。
席は一番後ろでリクライニングもしやすいし独立シートだから思ったよりは快適。
でもやっぱりバスの中で熟睡はしづらく、寝たのか寝てないのかわからない状態でした。
財布の管理もどうすればいいか分からなくてずっと抱えてた。
あと不思議なことにバスが動いてる時じゃなく停まった時に限って目が覚めたりしましたね~。

朝、予定時間より少し早く大阪到着!
まずは無事に着いたことに一安心、でもぷっくのだいぼうけんはこれからスタートです。
ミッション:
・大阪駅のメークルームに行く
・ミレ会場まで辿り着く
・1日目終了後、ホテルに向かう
・2日目朝も迷わず会場に着く
・合宿終了後、バス乗り場まで辿り着く etc

まあ大人の自立した女性ですからね、これくらいできなきゃどうしょうもないですからね。
大阪駅の場所は近くにいた方に方向を聞き、徒歩で無事到着。
ドキュメント72時間で見た「アンジェルブ」という、女性専用有料パウダールームに行く予定にしてました。
iPhoneを駆使し、予想外に順調に着いたものの土曜朝とあって長蛇の列!
頑張って1時間近く並びましたが結局断念し駅のトイレのパウダールームでメークしました。
メークより朝ごはんが大事。
そこも大混雑だった。都会ってすごい。

とりあえず最低限のメークしたので、お次は朝ごはん。
以前に大阪駅へ来た時に食べた吉野家に向かう。
もっとオサレなところで食べたかったけど、安くて腹持ちがよくてこの時間に空いてるところがよかったの。
50円引きクーポンも持ってたしね。
こちらは場所がわからず飼い主に電話して聞いてしまった。

普段なら一人で入るのに勇気がいる牛丼屋ですが、旅行中だし知ってる人いないし。
と言っても周りはアジョッシばかり、そして私は食べるのが遅いのでどんどん人が入れ替わっていく・・・
席が半分も埋まってなかったからよかったけど、満席なら大変だった。

moblog_79377512.jpg
食後のデザート、隣のプロントでスイカジュース。
380円、旅行中じゃなきゃ手を出せない汗

会場までの行き方は店員さんや駅の警備員さん?に聞き、時間に充分余裕を持って到着!
もう入っていいのかしばらく近くをうろうろした後に勇気を持って会場に入りました。
続く。

韓国語能力検定試験結果など

|ω・`)コソ |ω・`)チラ
勢いづいてブログを開設し、最後の記事から早半年以上・・・
こういうのは定期的にアップしないとよくないと思うの。

ブログを更新しなかった間も、もちろん韓国語は続けておりました。
そして試験結果をアップしないままでした・・・。

ひとつ前の記事に書いたTOPIK中級、無事合格しました!
自己採点の結果からそんなに心配はしてなかったけど、やっぱり結果見た時はホッとしました。
語彙・文法(어휘・문법)97点、書き取り(쓰기)75点、聞き取り(듣기)100点、読解(읽기)97点、平均92.25点!
ふふ、点数だけ見ると優等生みたいだ。
でも、中級が高得点だから高級もある程度の点数とれるでしょ、ってわけにはまったくいかないのがこの試験だよね。いや、高級受けたことないけど。
当てずっぽうや勘でマークしたのではなく、自信持って回答できたのもよかった。
この力を落とさないように日々精進します。

さて、4月からフレッツに加入し夢の衛星放送(古いなー)が始まった我が家。
有料のCS放送には手が出ないけど、BSでもけっこうな数の韓ドラが放送されているので録画して楽しんでます。
リアルな知り合いに韓国語に嵌ってる人がいないので共通の話題が出せないのがさみしいけど、SNSの世界で韓国の話題が途切れることはないからこれからもやっていける。
一昔前は、韓国語を勉強しているっていうと「韓流?」とか「ヨン様?」と言われてうーんって感じだったけど、昨今の情勢や流れを見るとあの頃の方がかえってよかったなぁとも思うけど、どんな時でも自分が体験したことを信じてこれからもやっていきたい。

あ、一番のリアル知り合いで韓国語を勉強している人がいた。
母です。
といっても初級も初級ですが、定年退職(自営なのでこの言葉が適切かわからないけど)して4月から韓国語教室にも通い始めて頑張っているらしい。
元々文字は読める母、今はまだ文字の読み方らしいので楽々ついていけてるようですが・・・これから文法とか本格的に学び始めて挫折しないように祈っているぞ。
母はガラケーだからハングル文字打てないのに、「人」とか「_」とか「|」とか、携帯ボタンから一生懸命探したんだろうなぁという記号で代用してきて微笑ましい。

これからも更新頻度は高くなくてもブログはやめずにやっていきます!^^

韓国語能力試験(TOPIK)中級 初受験レポ

ちょーっと気を抜くとこうして放置されてしまうブログ・・・
留学中に毎日書いていたのがウソみたいです。
もっとも、あの頃と違って今は仕事しているし何よりスマホとツイッターのおかげでなんとなく事足りた気分になってしまうのが大きな原因です。
もちろん韓国語から離れることはなく、日々韓国語ライフを楽しんでおります。
この度、初めて韓国語能力試験を受験しましたー!
ハングル検定準2級&2級を6年くらい前?に受けたことはありますが、TOPIKは初めてです。
全国津々浦々に試験会場があるわけではない中で、自宅から徒歩圏内だったことでテンションアップ。

試験対策として用意したのは「韓国語能力試験レベル別完全攻略 中級編」の購入のみ。
試験の形式・傾向を知るのに過去問は必須だし、実際これやってたおかげで実際の試験の設問がすぐ読めて助かりました。
もちろん教材はあればあるほど、やればやるほどいいとは思うけど、金銭的にも家のスペース的にもそれは無理なのでこれ一本に絞りました。
解いてみたら意外と8割以上は解けたのでちょっと安心、でも量をこなしはできなかったので自信半分不安半分で本番に臨みました。

そして作文に至っては、この本に載ってるお題で1回だけ書いてみたけど当然添削してくれる人がいるわけでもなく、東京や大阪で開催された前田先生の試験対策授業に参加もできず、ぶっつけ本番。

試験会場は駅から徒歩2分にも関わらずとっても静かで、会場の空調もちょうどいいし聞き取りの音もクリアでとても快適でした。
試験自体が何年ぶりの私は、試験内容そのものの難易度よりも途中で眠くなったりお腹鳴ったらどうしようっていうのが一番心配でしたが、当日11時まで寝てる&直前にお菓子を食べる方式で乗り切れました。

試験雑感を残しておきます。
1時間目<語彙文法&書き取り(作文を含む)>
配布されたマークシート用のサインペンが超使いやすくすぐ塗りつぶせるので、時間との戦いであるTOPIKにおいて非常に助けになりました。
当たり前なんだろうけど、高校の時は確か鉛筆使用だったはず。

作文にゆっくり時間を当てたいのでスピードも意識して解いていきます。
結構順調で、30分で作文以外のところは終わりました!
作文のお題は「今まで生きてきてやりたかったけどできなかったこと」
・できなかったこと
・できなかった理由
・その時に戻れるならどうするか
こんな感じでした。
さっきも書いた通り、作文対策はほとんどしてなかったけどいざとなったらなんとかなると信じてました。
私は妙に本番に強いというか、本番になると不思議にも神が降りてくることが多いんです。
あ、私は無宗教です、これは例えです^^;
こんな文章力のないブログを書いていてなんですが、小学校の時に学校選抜で作文大会に出てその場で与えられたお題で作文書いて銅賞(←微妙)もらったこともあるし、中学校では英語の授業で「Have you ever~」を使った作文を書いて一番優秀だった人がなんかもらえるってことになって本気出してしっかりなんか(何もらったか忘れた)もらったし。
まあ、本当に小さい頃からずーっと活字中毒だったので集中すると火事場の馬鹿力が出るんだと思います。

そしてこのお題で書いた作文はこんな感じ。
(面倒なので日本語で書きます)

私は高校生の時に好きな男子学生がいた。その人は特に人気があったわけではないけれど、とても親切で優しい人だった。私達は3年間同じクラスで、席もいつも近かったので、放課後には図書館で一緒に試験勉強をしたりした。友達はみんな私達が付き合っていると思っていたけれど、私たちはどこまでも友達だった。私は告白をしたかったけれど勇気がなくてできないまま卒業を迎えてしまった。卒業後も何回か会う機会があったけれど、私は勇気がなく恥ずかしかったので相変わらず告白ができなかった。後に同窓会で再会した時、その人も私のことを好きだったと知った。だがお互い違う人と結婚していたので今更どうすることもできなかった。もしあの時に戻れるなら、私は彼に告白して付き合っていただろう。そうしたら今頃彼と結婚してお母さんになっていたかもしれない。違う人の妻になった今でも彼のことをよく思い出す。

なんて素敵な思い出でしょうか。
これでちょうど580字くらいだったので、ゼロ点ってことはないと思うからある程度点数はもらえる・・・と思う・・・
最後のとんでもない一文は字数が足りなかったので加えたものです。
でも初級レベルの文法しか使えてない気がするから、どのくらい点数もらえるのかは想像がつかない。

ちなみに、この文章、内容は全部ウソです。
実体験に即したところはひとつもありません。高校時代は英語科で女子ばっかだったので好きな人なんていなかったし、よって男子と一緒に図書館で勉強したこともなければ卒業後に同窓会は一度も行ってないし私のことを好きだったと言ってくれた男子もいませんwww
我ながらとっさによくもまあこんなありがちな腐女子ライトノベルをすらすら出してきたもんだ。
この試験の作文は、設問に対して適切に回答しているか、正しい文法・表現を使えているかが重要であり、実体験かどうかなんて当然採点の対象じゃないので書きやすいことで作文(むしろライトノベルww)をしました。

先ほど作文を書くのが得意みたいなことを抜かしましたが、学生の時、自分の意見を書くのは嫌いだったので先生が喜びそうなこととかを考えて書いてました。
学校の先生が好きじゃなかったし尊敬もできる人じゃなかったので、そんな人に自分の考えを表現してさらに色々意見言われたくなかったんですよね。問題児ではないけど嫌な奴だ。
とりあえず作文書いても30分余裕があり、見直しもできました。
問11が最後の最後まで迷って時間切れ直前に直したのが吉と出てるか凶と出てるか・・・


2時間目<聞き取り&読解>
教室内は飲食禁止だったので、外に出て持参したお菓子を食べる。
でもなんかお腹鳴りそうでちょっと不安なまま2時間目開始。
聞き取りは、試験対策本のスピードがすごく遅くてびっくりしたけど、それよりは多少早かったかな。
いつも韓国語ジャーナルのCDを聞いているからスピートが早くても一応大丈夫。
最初のうちは問題文の先読みを余裕でしてたけど、後半になるにつれなかなか先読みする余裕がなくなった。
そして読解はけっこう時間が足りず、1時間目と打って変わって軽く焦る。
結局15分くらい残して全部マークできたけど、全部の見直しできなかった・・・
4分野の中では読解が一番不安。
4級の高得点合格を狙っているけど、もし不合格or3級止まりだったら立ち直れないかもしれない。
問題用紙も回収されて答え合わせができず自己採点もできないから、結局発表まではどうすることもできないですよね。
ベジテジや(サムギョプサル専門店)で飼い主とお疲れ様会もしたので、あとは発表をおとなしく待ちます~

左サイドMenu

全記事タイトル表示

全タイトルを表示

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

右サイドメニュー

プロフィール

ぷっく

Author:ぷっく
2005年に1年弱、ソウルに語学留学しました。今は飼い主(夫)と韓国地方旅行をするのが好き。下記にリンクしてある前ブログでは韓国地方旅行記を書きまくっています。
普段は独学ですが毎日の生活に流されがち。ブログに綴ることでモチベーションを保って韓国語の交流を広げたい。
ブログタイトルは、私にとっての韓国語はパラダイスであることと市場のように多様な魅力を感じさせてくれるツールであり、またソウル鍾路(チョンノ)にある楽園市場(ナグォンシジャン)にかけて付けました。
韓国語を愛する皆様と楽しく語り合いたいです^^

ブログ内検索

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。