ぷっく姫の韓国語楽園市場(ナグォンシジャン)

韓国語は私にとって無限の楽園。市場のようにたくさんの出会いや魅力に溢れています。もっともっと深く知りたくて、韓国語を続けます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『第4回 ぷち合宿 in ミレ』レポ~前日から会場到着まで~

7/25(土)~26(日)、ミレ韓国語学院 前田真彦先生の『第4回 ぷち合宿 in ミレ』に参加してきました!
日本語禁止、韓国語オンリーの2日間。
授業はもちろん、生徒同士の会話もすべて韓国語。
なんて夢のよう!!!
去年も行きたかったけど、直前に韓国旅行があったのでお金使いすぎだなと思い諦めました。
今年は・・・前の週に台湾旅行しているから去年以上にアカン金銭事情だけど、どうしても行きたくて行きたくて申し込みしました。
合宿のために髪を切ったり、可愛い名刺を作ったり、浮かれて準備しまくり。

他の方の合宿レポブログも前田先生のツイッター通していくつか拝見しましたが、みんな文章上手だしすっきりしている。
でも私にとって合宿は旅行でもあり冒険だったので、合宿とは関係ないところもブログに残しておきたい。
数か月に一回しか更新できないブログ、読んでいただける方がいるのかすらわかりませんが、合宿の様子知りたい方はこの記事スルーしてください(汗)

大阪で行われる合宿、地方住みにとっては前日から合宿旅行はスタートします。
当日の自己紹介では、自宅から電車で数十分程度の方もいらっしゃって羨ましい限りでした。

新潟から大阪までは飛行機もあるけど、今回は夜行バスで出発。
交通費も半額くらいだし前泊の必要なくなるからずいぶん節約になるし、何より仕事を休む必要がない。
有休とれないブラックな会社ではないのですが、7・8月は夏休み期間なので人も少ないし、それ以前に前の週に夏休み取得し台湾旅行に行ってきたばかりなのでさすがに次の週の金曜日休むのは気が引ける。

その代わり身体的にはかなりヤバいスケジュールで、金曜夜に出発し、土曜の朝に到着しそのまま合宿参加、その日はホテル、次の日も授業受けて日曜夜の夜行バスで新潟に戻り月曜朝に着いてそのまま仕事に行く。
アラサーがやっていいことじゃないです。
でもやります。

私はお金かかるくらいのリスク(もちろんそれも大きいけど)で、飼い主(旦那)の理解もあって来やすい方だけど、参加者の方はみんな大人ですから、育児や介護の都合をつけるのも大変だった方もいらっしゃったと思います。

moblog_58d0b571.jpg
22:05発のバス。
バスチケット、発売当日に買いに行ったらすでに売り切れで、増便出るかもしれないから毎日チケットセンターに行くか電話するかしてくださいと言われ努力の末にやっと買えました。
結局3便も出ててびっくり。
席は一番後ろでリクライニングもしやすいし独立シートだから思ったよりは快適。
でもやっぱりバスの中で熟睡はしづらく、寝たのか寝てないのかわからない状態でした。
財布の管理もどうすればいいか分からなくてずっと抱えてた。
あと不思議なことにバスが動いてる時じゃなく停まった時に限って目が覚めたりしましたね~。

朝、予定時間より少し早く大阪到着!
まずは無事に着いたことに一安心、でもぷっくのだいぼうけんはこれからスタートです。
ミッション:
・大阪駅のメークルームに行く
・ミレ会場まで辿り着く
・1日目終了後、ホテルに向かう
・2日目朝も迷わず会場に着く
・合宿終了後、バス乗り場まで辿り着く etc

まあ大人の自立した女性ですからね、これくらいできなきゃどうしょうもないですからね。
大阪駅の場所は近くにいた方に方向を聞き、徒歩で無事到着。
ドキュメント72時間で見た「アンジェルブ」という、女性専用有料パウダールームに行く予定にしてました。
iPhoneを駆使し、予想外に順調に着いたものの土曜朝とあって長蛇の列!
頑張って1時間近く並びましたが結局断念し駅のトイレのパウダールームでメークしました。
メークより朝ごはんが大事。
そこも大混雑だった。都会ってすごい。

とりあえず最低限のメークしたので、お次は朝ごはん。
以前に大阪駅へ来た時に食べた吉野家に向かう。
もっとオサレなところで食べたかったけど、安くて腹持ちがよくてこの時間に空いてるところがよかったの。
50円引きクーポンも持ってたしね。
こちらは場所がわからず飼い主に電話して聞いてしまった。

普段なら一人で入るのに勇気がいる牛丼屋ですが、旅行中だし知ってる人いないし。
と言っても周りはアジョッシばかり、そして私は食べるのが遅いのでどんどん人が入れ替わっていく・・・
席が半分も埋まってなかったからよかったけど、満席なら大変だった。

moblog_79377512.jpg
食後のデザート、隣のプロントでスイカジュース。
380円、旅行中じゃなきゃ手を出せない汗

会場までの行き方は店員さんや駅の警備員さん?に聞き、時間に充分余裕を持って到着!
もう入っていいのかしばらく近くをうろうろした後に勇気を持って会場に入りました。
続く。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示 | 非公開コメント投稿可能

左サイドMenu

全記事タイトル表示

全タイトルを表示

最新記事

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

右サイドメニュー

プロフィール

ぷっく

Author:ぷっく
2005年に1年弱、ソウルに語学留学しました。今は飼い主(夫)と韓国地方旅行をするのが好き。下記にリンクしてある前ブログでは韓国地方旅行記を書きまくっています。
普段は独学ですが毎日の生活に流されがち。ブログに綴ることでモチベーションを保って韓国語の交流を広げたい。
ブログタイトルは、私にとっての韓国語はパラダイスであることと市場のように多様な魅力を感じさせてくれるツールであり、またソウル鍾路(チョンノ)にある楽園市場(ナグォンシジャン)にかけて付けました。
韓国語を愛する皆様と楽しく語り合いたいです^^

ブログ内検索

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。